QLOOKアクセス解析

| ホーム | 全記事一覧 | 管理 |
New Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「食物アレルギー対応 バイキング」が東京で開催されます♪♪

これまで過去3回、『食物アレルギー対応ホテルバイキング』を開催されてきた、安心外食.comさんが、3.11に発生した東北地方太平洋沖地震で被災された方へのチャリティーイベントとして、『食物アレルギー対応 バイキング』を開催されるそうです♪


これまでと違って今回は、ホテルではなく東京新宿にある「BATUR TOKYO」という結婚式場で開催との事。HPを見てみたら、ホテルに負けないくらい素敵な所~


日時:6月18日(土)

時間:Lunch: 12::30~14:30 (12:00より受付開始)
    Dinner: 18:00~20:00 (17:30より受付開始)

料金:Lunch: 大人 6,000円 / 小人 4,500円(小学生以下)
    Dinner: 大人 7,000円 / 小人 5,500円(小学生以下)
※3歳以下のお子様は無料です。フリーソフトドリンク付。

参加料金の内、10%を義援金として被災地への食物アレルギー支援に充てられるようです。


震災の後、安心外食.comさんは、支援物資を(もちろんアレルギー対応)被災地へ届けられました。食物アレルギー対応の支援物資の現状は、前回の記事でも書いたような状況・・・そうならないように、安心外食.comさんでは、責任を持ってご自分たちで届けられています。
(活動報告はこちら→~ご報告 東北地方太平洋沖地震被災地への支援について~
今回の義援金は、引き続き支援が出来るよう、その食糧調達や輸送費用に活用されるようです!

その他会場では、協賛企業の「株式会社 マーヴェラス・クイーン(LAFEEJEという泡クレンジング&洗顔フォームを扱っている会社)と「大塚チルド食品株式会社(スゴイダイズやミルクのようにやさしいダイズシリーズを扱っている会社)の商品を特別価格(驚くほど安いという情報も。。。)で販売し、その売上全額も義援金と合算して活動資金にされるとか♪


被災地以外のアレルギーに向き合う方やアレっ子、その家族は、いつもは大変な「外食」や「家族で同じものをお腹いっぱい食べる」という時間を心置きなく安心して楽しむ事が出来、被災地でアレルギー対応食を必要とされている方々への力にもなるようにと企画された今回のイベント!サブタイトルに「笑顔で笑顔を届けよう!!」とつけられているように、支援する人もされる人も「笑顔」でいられたらいいですね

ホテルのバイキングと違って、宿泊プランはないですが、近辺で関東に行かれる予定のある方、近郊の方はぜひ、参加してみてくださいね!ちょっと勇気のいる金額かもしれませんが、とってもとっても素敵な楽しい時間を過ごせる事は間違いないですよ~


詳しくはこちらをご覧くださいね♪→安心外食.com 




        ポチッとして頂けたら嬉しいです(^^♪
                  ↓↓
        にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

tag : 食物アレルギー

食物アレルギーに対する被災地での支援物資、各県・各市の備蓄の実状!?

先日のしんちゃんさんのブログ記事「東日本大震災アレルギー患者支援活動 アレルギー用の物資を無料提供」の中で紹介されていたリンク先の毎日新聞の記事
アレルギー対応品の支援物資が集まっているにもかかわらず、「ニーズがない」とか「把握できるだけの余裕がない」との理由で配送されずじまいだったり、一般の支援物資に紛れて行方不明になったものがあるとの事


確かに、一般の物資さえも届ける事すらたいへんだったり、届かずに困っている場所もたくさんあると思います。何とか物資が届いたとしても全然足りず、お腹を満たす事もままならない…アレルギーのない大半の人でもそんな状態でしょう。それが少数派の食物アレルギーの人への対応、特別なアレルギー対応食となれば、更に困難であろうとは想像できますが、せっかくたくさんの善意が集まっているのに、そこにあるのに、それを必要とする人の元へ届かないなんて!行方不明だなんて!

その上届いたとしても、こちらの記事にあるように、「食べられない」という事すら言える雰囲気じゃないとか…
炊き出しの際に「アレルギーがあるのですが何が入っていますか?」と聞くだけでも「こんな時だからそんな事言っている場合じゃないでしょ!」と好き嫌いだととられたり、そう言われないにしても、原材料の表示がある訳でもない確認すら不十分であろうその状況に、かなりの心労があると思います。

ニュースでは、中学生だったか高校生だったかの男の子のお母さんが、「子供が小さければ食べられないと言えたかもしれないけれど、我慢出来る大人なので言えなかった。」とも報道されていました。
単に食べられない、食料がないと言うだけでなく、理解がないが故に傷ついてしまったり言えないという事に、更に何とも言えない気持ちが増幅します。せめて理解があれば、そんな思いはしなくて済むのに・・・


小麦・卵・乳がダメと聞いて、どんなものが思い浮かぶでしょうか?

このブログに来て下さった方は、食物アレルギーを身近に感じてらっしゃる方が多いとは思いますが、食物アレルギーに関わった事がない方であれば、おそらくパンや麺類等の粉もの、ケーキ等がまず思い浮かぶのではないでしょうか。
それだけでも「食べるものが限られる」と思うのに十分だと思います。が、実際には色んなものに使われている事が多く、敏感な場合は、市販されているもののほとんどが食べられなくなるという生活を強いられます。

それに加え、アレルゲンとなるものは他にもあって、醤油やお味噌等の調味料等も限定される事になり、なおかつ複数のアレルゲンがダメという場合が多いので、アレっ子やそのご家族はより注意をしながら頑張ってらっしゃいます。


物資としてまず配られる事が多いのが、パンやおにぎり、カップラーメン等が多いですよね。
小麦・卵・乳にアレルギーがある場合、パンやカップラーメンはまず食べられません。乾パンやビスケットなどのお菓子等も無理です。

おにぎりは、単なる塩むすびだと食べられる場合もあるかもしれませんが、コンビニ等のおにぎりだとアレルゲンが使われている事が多く、ほとんどが食べられません。それ以前に、お米にアレルギーがある方もいます。

周りで食料が配られても、炊き出しがあったとしても、食べられない…(>_<)
無理に食べると命にかかわる事がある!
食物アレルギーは気持ちの問題や好き嫌いではありません。どうか、食物アレルギーがあるという方が近くにいらっしゃった場合、「わがまま」とか「好き嫌いしている」等と間違った目を向けないであげて下さい。詳しい事は分からなくていいのです。理解しようとして下さるだけでいいのです。食べられるのであればみんな食べたいと思っていると思います。それが非常時だとすれば尚更・・・


世の中には他にもたくさんの病気がありますし、私もまだまだ知らない事があります。どんな病気であれ、その人の気持ちや状況を考え、理解しようとする気持ちを持っていきたいですね!



支援活動としては、アレルギー対応の食品を扱っていらっしゃる会社や、アレルギー関連の団体等、たくさんの方々が必死に動いて下さっていますが、最初にご紹介した毎日新聞の記事の中の後半に書かれている、各県・各市のアレルギー対応食品の備蓄や受け入れ態勢の少なさにもびっくりしました。

前回の記事「「安心」「安全」って一体…」で書いた年間被曝限度量引き上げについて、今の状況に対処するための「目先」の事だけでなく、今後何年何十年と後になって出てくる影響をしっかりと考慮した上で、再度検討して欲しい。「安全の基準」を変えるなんて違うのではないか。等、意見を出させて頂いた首相官邸ご意見募集に、アレルギー対応の食料備蓄の事もお願いしてきました。
もちろん個人個人が準備をしたり対策をしておく事は必要でしょうが、いざという時、今回のような非常事態に持ち出せるとも限らないですし、やっぱり国としての支援や対策をしていて欲しいと切に願います。




        ポチッとして頂けたら嬉しいです(^^♪
                  ↓↓
        にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ 人気ブログランキングへ

tag : 食物アレルギー

「安心」「安全」って一体…

みなさんにぜひ、読んで頂きたい記事があります。

いつも遊びに行かせて貰っているえららんさんのブログ内の『福島県の子どもたちで放射線の「人体実験」!?』という記事です。


先日、子どもの年間被曝限度量20ミリシーベルトに引き上げられたとの事。
ちなみに、これまでの限度量は1ミリシーベルト。
大人の、放射線作業従事者の線量最大限度でも年間50ミリシーベルトだそうです!

子供が1日8時間を屋外で過ごすという前提で計算した結果、安全上問題がないとされる屋外での放射線量の目安を、1時間当たり3.8マイクロシーベルトと決めたという事ですが、一般人が立ち入り制限になる放射線管理区域の基準は、毎時0.6マイクロシーベルトなのに、3.8マイクロシーベルト!!

そこまでして年間被曝限度量を引き上げる必要はあるのでしょうか?
活動可能な範囲を広げる為?
確かに今この事態にそうせざるを得ないとしても、だからといって、「じゃあ安心ね」と納得出来るものでしょうか?

被曝した子供達の長期的なデータは見つかっておらず、見つからない→ない→大丈夫となっているなんてありえないです(>_<)
「安心」「安全」ってこんなふうに変えられるものなのでしょうか…
何をもって「安全」なのか理解に苦しみます。


えららんさんの記事では、脱原発の為のイベントやアクションを行っている会へのリンクや参考になる記事へのリンクもたくさん書かれています。
取り急ぎ、記事のアップを優先させていただきましたので、私もゆっくりと全部を見る事が出来ていないのですが、後日改めて拝見させていただき、声をあげたいと思います!




        ポチッとして頂けたら嬉しいです(^^♪
                  ↓↓
        にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ 人気ブログランキングへ

災害時の為に。。。

もう2週間も前の週末の事になるのですが(汗)、関西ローカルの番組で、簡易おむつの作り方やマスクの作り方等、災害時等で役立つアイデアを紹介していました。

簡易おむつは、スーパー等のビニール袋とTシャツで作り、子供はもちろん大人の介護用おむつや生理用品の代わりにも使えるとの事ですが、これはすごい!!と思ったのが、単三電池を単一電池として使う方法!(そう言えば、そんなケース?が売られているの、見た事あったのですがすっかり忘れていました…^^;)

太さは紙を巻いて調節、高さ(長さ?)は1円玉か10円玉7枚(場合によっては8枚)でちょうどだとか
作り方としては、1円玉もしくは10円玉をマイナス側に重ねて、後は電池と一緒に単一電池の太さまで紙を巻くだけ♪
検索してみるといくつかヒットしますので、それらを見て貰う方が分かりやすいと思いますが、紙はA4サイズのものを縦長に4ツ折りにしたもの4~5枚が目安だそうです。お金や紙の変わりにアルミホイルを使う方法とかもありました。
ちなみに単ニ電池サイズは太さを合わせるだけでいいそうですよ

さすがに持ちは良くないとの事ですし、長期的、日常的な使用はしない方がいいようですが、手に入りにくい今一時的に欲しい時、また、今は必要なくてもいざという時の為に、覚えておくといいですよね^^
1円玉ではなく、10円玉8枚にすれば、公衆電話にも使えていいかも。と番組で言っていましたが、確かに、非常食や防災用品と一緒に用意しておくのも一つですね!


幸い、我が家は電池不要の防災用発電式懐中電灯を備えているので、関西でも単一電池がなくなる!と言った騒動でも、全く必要性を感じなかったのですが、この機会にこういうのを検討されるのもいいかもしれませんね!

とはいっても、決してお安くはないお値段です…正直、懐中電灯にこの値段?!と、買うのに勇気が要りました

以前は、ラジオ・ライト・ブザー・携帯の充電(今は接続部分が変更していて使えなくなりましたが…^^;)という機能がついた、手動で充電できるという防災グッズを持っていました。たくさん用意しなくても、一つでまかなえるこういうものの方が、便利だしコンパクトで邪魔にならないなぁとは思うのですが、私が持っていたものは、充電するのがかなり大変なものでした。
手回しで使うものなのですが、結構長時間回さないといけないし、軽く回せるものでもありませんでした…

でも、この防災用発電式懐中電灯は、40秒振るだけ、全く充電がない状態でも3分程でいいとか。
実際やってみると、ある程度振り方にコツがいるのか、もう少し時間も労力もいる感じですが、それでもかなりラク

それに何より、いざという時に使えないと意味がないんですよね。そういった意味でも、あらゆる状況を想定して作られているので大概の事はクリアしているかと。。。


例えば、地震等でガス管に亀裂が入りガスが漏れていた場合、通常の懐中電灯だと、スイッチを入れた時に出るごくわずかな火花で引火してしまう事もあるので、火花が出ないように非接触スイッチが使用されていたり、物が落ちてきたり落下の衝撃にも強い素材・設計になっていたり、水深60mでも大丈夫な程の防水、-40℃~55℃までの温度でも点灯可能(充電は-45℃~60℃)と、まさに不測の事態に備えておきたい機能です。

防災だけでなく、ダイビングや釣り、豪雨の中の作業にも使えるように、海水に浸けっぱなしでも錆びないようになっていたり、水の中に落としてしまったとしても、発光面を上にしたまま浮くようになっていたり(スイッチが入っていた場合は発光しながら)もするそうです。


私が持っているものと充電に必要な時間や重さ等、リニューアルされている為少し変わっている所もあるのですが、当時、点けっぱなしでも6年間持つと言われていたので、実質使えなくなる事もないかなと思い、実家用にも一緒に買いました。
何処で災害にあうか分からないので、部屋ごとや車の中にも置いておく方がいいのかなとも思います。

ただ、紹介していてなんですが、調べてみた所、今現在は東日本大震災の影響によりどこも品切れのようです。なので、もし、今後置いておきたいという方は、時間をおいてチェックしてみて下さいね!




        ポチッとして頂けたら嬉しいです(^^♪
                  ↓↓
        にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ 人気ブログランキングへ

大丈夫。。。大丈夫!!

ブログやTwitterで取り上げられている方もたくさんいらっしゃいますし、TVでもちらほら放送されているのでご存知の方も多いと思いますが、Twitterで投稿された「応援メッセージ」をまとめた、地震発生後に寄せられた、心に残るつぶやき集というサイトがあります。

これは、避難生活を余儀なくされている方、不安に押しつぶされそうな方に、少しでも勇気を持ってもらえたらと、実際に避難所で停電の中過ごされている学生さんによって作られたとの事。


読み進めて行くにつれ、胸がいっぱいになりました。
心が温かくなりました。


どれだけの不安と恐怖の中、しっかりと前を向いている人がいるのか、自分の事で精一杯であっても不思議ではない状況の中で、思いやりを持てる素晴らしさに、涙が流れてきました。その中でも特に心打たれたものを、転載させていただきます。

家屋に取り残され、42時間ぶりに救出された高齢の男性の映像。「チリ津波も経験してきたから、だいじょうぶです。また、再建しましょう」と笑顔で答えていた。私たちが、これから何をするかが大事。

@mameo65


これを読んだ時、ボロボロと涙があふれてきました。

こんなに大きな被害を二度も体験し、想像も出来ないような恐怖と辛い思いをされてきたであろうハズなのに、普通なら「何でまたこんな目に…」「もう嫌だ…」と心が折れるどころではない精神状態になってしまいそうな状況なのに、どうしてこんなに前向きで力強くあれるのでしょう。。。

いつでもどんな時でも希望を持って進むだけ。どうして?もう無理だ。というような諦めや後ろ向きな思いはこれっぽっちも感じません。



同じテーマで作られた動画もあります。

ブログ巡りをしていて見つけ何も知らずに見たのですが、最後にこの男性の映像があり、文字から想像していたものよりもはるかに上回る、明るくあたたかい笑顔、穏やかな口調だけどとってもとっても力強い言葉に、もう涙が止まりませんでした。
私は見ていなかったのですが、ニュースの映像なのでその報道を見た方も多いかと思います。



実際にこの笑顔や言葉で励まされ、力を貰った方も少なくないと思いますし、それはとても素晴らしく、尊い命が救われた事はもちろんものすごく喜ばしい事ですよね!
でも、こういう風に編集されたものは何だか複雑な気もするし、しかも特に被害もなく、何だかんだ言っても本当に苦しい辛い気持ちは分かるはずもない立場の私が、ブログに載せて紹介するのも何だか無責任な気がするので、記事にするのは躊躇したのですが、最後のこの映像は、「きっと大丈夫!」とあたたかな安心感を感じ、強く勇気づけられたので載せる事にします。これからの未来への希望や勇気になる事を願って。。。



こんな風に生きていきたいものです。。。


大丈夫。。。大丈夫!!




        ポチッとして頂けたら嬉しいです(^^♪
                  ↓↓
        にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ 人気ブログランキングへ

ようこそ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

pekklenn

Author:pekklenn
重度の食物アレルギーを持つkeroronnと共同生活中。わざわざ別々の食事というのも大変なので、一緒にアレルギー除去の毎日です。我が家なりに食べられる物、アレルギー食品を探しつつ試してます。そんな感想を中心に日記を綴ってます。

除去中のアレルギー:
 小麦,大豆,エビ・カニ
 


参加しました。
ポチッとして頂ければ嬉しいです。 ↓↓
 
にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
人気ブログランキングへ
参考になるサイトがいっぱいです♪

最新記事

アンケート

訪問ありがとうございます^^
アンケートへの参加よろしくお願いします☆

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

おすすめのもの

おすすめの本

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。